セクハラ防止eラーニング

職場にはさまざまな年齢の男性や女性が働いています。自分では「セクハラではない」と思った言動でも、相手にとっては「性的な嫌がらせ」と捉えられることもあります。本研修では、すべての従業員がハラスメントに対する共通認識を持つことで、その防止意識を高めます。また自社のハラスメント方針や相談窓口の浸透も実現できます。

詳細はこちらから

パワハラ防止eラーニング

職場でのハラスメントは、知識の不足や認識のズレから起こるものがほとんどです。パワハラを正しく理解していないと正しい指導ができなくなりマネジメント不全に陥ることもあります。本研修では、パワハラと指導の違いをしっかり学ぶことができるため、すべとの従業員がハラスメントに対する正しい共通認識を持つことができ、意識を高めます。

詳細はこちらから

メンタルヘルスケアeラーニング

従業員のメンタルヘルス不調は、本人はもちろん、チームの生産性にも大きく影響するリスクといえます。本研修では、メンタルヘルスに関する基本的な知識と、職場のストレスにうまく対処するための考え方・対処法を理解します。 また、管理職向けには職場復帰支援のプロセス等も周知することができます。

詳細はこちらから

ハラスメント・メンタルヘルス組織診断eラーニング ―職場の健康診断―

効果的なハラスメント対策やメンタルヘルス対策を立てるためには、組織の現状把握を把握し、研修・施策の効果測定および評価と、より有効な対策の検討を行うことが重要です。ハラスメント・メンタルヘルス組織診断は、eラーニング形式で、「組織の現状把握」のためのアンケート調査をすることができます。

詳細はこちらから

マタハラ防止eラーニング

2017年1月に「雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律」が施行され、企業に「マタハラ防止措置」が義務付けられることになりました。
本研修は、マタハラNet創設者、元代表理事小酒部さやか氏の監修のもと、上司や同僚の知識・認識不足によるハラスメントの発生防止だけでなく、長時間労働を前提とした職場の文化の見直しといった、全従業員で取り組む働きやすい職場づくりをめざしています。

詳細はこちらから

アカハラ防止eラーニング

大学においてハラスメントが発生すれば、被害者、加害者、大学ともに大きな損失を伴います。具体的には、優秀な人材の流出や、大学のイメージダウンなどを招きかねません。本eラーニングは、大学の教職員向け、アカデミックハラスメント(アカハラ)防止のための専門教材です。

詳細はこちらから

人権・ダイバーシティeラーニング

グローバル化にともない、国内においても多様な文化を背景にした人々がお客様や取引先、従業員、株主として関わるようになりました。本研修では、「あれもこれもダメ」といった「べからず集」ではなく、職場でありがちな事例をもとにしているため、人権の尊重や配慮の重要性を具体的に学ぶことができます。

詳細はこちらから

コンプライアンスeラーニング

企業にとって社会的信用は重要な財産ですが、不祥事の発覚は消費者だけでなく、取引先との関係も悪化させ、企業の存続をも危うくするリスクとなります。
本研修では、よくあるビジネスシーンを多用し、実務に役立つ内容に注目した構成とするとともに、ビジネスパーソンとして最低限知っておきたい知的財産権や下請法、不正競争防止法などの法令を、取引先や消費者、自社、他の社員に対する事例を通して理解します。

詳細はこちらから

情報セキュリティeラーニング

情報セキュリティは、ルールや原則を理解していれば守れることが多くあります。本研修では、情報セキュリティの必要性と重要性を理解し、日々の業務の中でどのようなことに気を付けるべきかを学びます。
また、自社固有のルールの理解や情報セキュリティ方針、個人情報保護方針の浸透も実現できます。

詳細はこちらから

個人情報保護eラーニング

個人情報漏えい事故は、その発生を回避することが重要です。
本研修は、ビジネスシーンを取り上げながら情報漏えいのリスクや対策を学んでいくので、受講者が納得感を持って取り組め、知識が頭に残り、日々の行動に生かせます。2017年5月に全面施行された改正個人情報保護法にも対応しています。

詳細はこちらから

産育休復帰者向けeラーニング(女性活躍推進)

産育休復職者のフォローアップの重要性が増しています。復職後の社員は、制約ある中で働くうちに自信をなくし、キャリアを諦めてしまうことがあり、組織における大きな経営課題となる場合があります。一方で、個別対応の難しさ、複数拠点への対応など「集合研修が難しい」といった理由から、最低限の制度説明・面談のみしかできないというケースも少なくありません。
本研修では、産育休復職者と、その上司を対象に、「良き働き手」として就業継続し、長期的なキャリア形成につなげていく必要性やあるべきフォロー体制について啓発します。

詳細はこちらから

確定拠出年金eラーニング

法改正により、確定拠出年金における投資教育は事業者の努力義務に引き上げられましたが、加入者に適切な継続教育がなされない結果、ポートフォリオは初期設定のままとなっていたり、運営管理機関が勧める自社商品に偏向しているケースもあるようです。
本研修は、金融商品の特徴やポートフォリオの組み方をゲーム形式で理解するだけでなく、自身のライフプランを検討し、必要な老後資金を確認することで、加入者が主体的に資産運用をできるようになることをめざしています。

詳細はこちらから