eラーニング研修のことならばエデュテイメントプラネットにご相談ください

03-5941-5119 受付時間(平日)10:00~17:00
お問い合わせ 資料請求
プライバシーマーク
  1. 人権・ダイバーシティ研修ニュース
  2. 女性活躍推進:「女性の雇用機会」アンケート結果発表

女性活躍推進:「女性の雇用機会」アンケート結果発表

2017.8.25


◇当コラムは弊社eラーニング教材「産育休復帰者研修」に関連したテーマとなっております◇
………………………………………………………………………………………………………………

■約8割の女性が「女性より男性のほうが仕事の機会に恵まれている」と回答

2017年7月31日、エン・ジャパン株式会社は、「女性の雇用機会」をテーマにアンケートを行い、女性517名から有効回答数を得ました。

「仕事の機会について男女どちらが有利だと思いますか?」との設問に対し、77%の女性が「男性のほうが恵まれている」と回答しています。

「女性のほうが恵まれている」と回答したのは6%に留まり、女性活躍推進が求められている社会背景において、大きな差がつく結果となりました。

「男性のほうが恵まれている」と回答した理由として、「結婚や出産で退職・休職する可能性が低いことと、転勤に対応できる男性のほうが昇格昇給に有利だったり、要職を任せられる印象が強い」との声が多く寄せられました。

女性活躍推進の行動計画策定指針の一つに「女性の積極登用・評価に関する取組」が挙げられているなかで、いまだ厳しい現状がうかがえます。


■約4割の女性が「女性の雇用機会はここ数年で増えていると思わない」と回答

「女性の雇用機会はここ数年で増えていると思いますか?」との設問に対し、「思う」と回答した女性は42%でした。

「思わない」と回答した方の具体的なコメントとして、「大手ではそういう会社もあると思いますが、ごく一部だと思います。実際私の会社(社員30数名)では管理職に女性は一名もいません。」「働きたいけど結婚後だと転職に不利、出産したら保育園に預けるのにまた苦労する、預けても時短だと責任ある仕事を選べない。」などの声が寄せられています。


■企業に求める取り組みは「産休育休や時短勤務の制度充実」

「企業がどのような取り組みを強化すれば女性の雇用機会がもっと増えると思いますか?」との設問に対し、「産休育休や時短勤務の制度を利用しやすくする」と回答した方が最も多く、全体の75%を占めています。

次いで「時短や残業なしのポジション・求人を増やす」と回答した割合が64%、「保育・介護サービスの費用を負担・サポートする」46%でした。


■復職後も意欲的に働ける職場づくりが必要です

産休育休や時短勤務の制度を利用しやすくする施策の一つとして、復職後も意欲的に働くための復職プロセスを構築することが挙げられます。

復職後も休職前と同様の職務に就くことを前提としていても、「時短だと責任ある仕事を選べない」とのコメントの通り、復職前と同様に働くことが難しい場合もあります。業務の切り分けを行うなど、業務量を適切にマネジメントすることが求められます。

また、出産・育児など、女性特有のライフイベントに関連した制約があるなかで働く時期は、当事者である女性社員が自身のキャリアを見失いやすい時期です。長期的なキャリアプランを形成する機会を与えることで、意欲的に働く意識を高めてはいかがでしょうか。

産育休復帰者研修を通じて、当事者である女性社員だけでなく上司や同僚など一緒に働く社員が理解を深めることで、当事者が改めて自身のキャリアを考える環境を構築します。

弊社eラーニング教材「産育休復帰者研修」は、当事者のキャリア形成について、当事者及び管理職双方の視点から、時間や場所を問わずに効率よく学習できます。貴社の女性の活躍を推進するために、ぜひご検討ください。



8割の女性が「女性より男性のほうが仕事の機会に恵まれている」と回答。女性の雇用機会を増やすために強化すべき取り組み、 企業は「産休育休や時短勤務の制度充実」、国や自治体は「保育・介護サービスの充実」。ー『 エンウィメンズワーク 』ユーザーアンケート集計結果ー
(エン・ジャパン株式会社 2017年7月31日)





◆EPでは、今回のコラムのテーマ、女性の活躍推進施策の一環として利用できる【当事者および管理職への個別研修対応】産育休復帰者研修のeラーニング教材をご用意しています。ご検討の際は、お気軽にお問い合わせください。

<【当事者および管理職への個別研修対応】産育休復帰者研修に関するお問い合わせ・資料請求はこちら>


========<エデュテイメントプラネットのeラーニング研修サービスのご紹介>========

…………………………………………………………………………………………
EPは、人事・研修担当者さま向けに研修実施に役立つ最新トピックや、
eラーニング研修ツールの特設ページを開設しています! …………………………………………………………………………………………

■「マタハラ防止措置」の概要を示す「特設Webページ」はこちら■
2017年1月1日より、"マタニティハラスメント"に関する企業の防止措置が義務化されました!

マタハラNet創設者、元代表理事小酒部さやか氏監修の弊社eラーニング教材で
効率的かつ効果的に防止措置を講ずることができます!

■eラーニングの導入を検討している方にオススメしたい研修内製化ツール『GRONIA LMS』■
教材制作会社ならではのシンプル&リーズナブルなLMSを開発しました!

学習管理だけでなくPowerPointなどで作られた社内資料を
そのままeラーニング教材にできるツールがあれば便利ですよね!