eラーニング研修のことならばエデュテイメントプラネットにご相談ください

03-5941-5119 受付時間(平日)10:00~17:00
お問い合わせ 資料請求
プライバシーマーク
  1. 人権・ダイバーシティ研修ニュース
  2. 人権・ダイバーシティ:第2回「働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」を実施

人権・ダイバーシティ:第2回「働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」を実施

2017.8.1


◇当コラムは弊社eラーニング教材「人権・ダイバーシティ研修」に関連したテーマとなっております◇
……………………………………………………………………………………………………………………………

■生産性向上と魅力ある職場づくりに取り組む企業を表彰

2017年7月14日、厚生労働省は第2回「働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」事業の実施について公表しました。

2017年9月15日まで生産性向上と雇用管理改善(魅力ある職場づくり)の両立に取り組む企業を募集し他の規範となるような優れた施策を行っている企業などを表彰することにより、働きやすく生産性の高い優良な職場環境の構築に資することを目的としています。

人口減少が続く中で力強い経済成長を実現させるためには、労働者一人一人の効率性向上を通じ「生産性革命」を図るとともに、「希望出生率1.8」や「介護離職ゼロ」を達成できるような誰もが安心して働き続けられる魅力ある職場づくりを強力に推進する必要があります。

こうした考え方の下で厚生労働省は本事業での表彰結果を広く国民に周知することにより、生産性向上等に関する企業の取り組みを促進する方針です。

本事業は国や地方公共団体を除く幅広い企業・組織を対象としており、事業所単位での応募も可能です。学識者や労使団体代表者などで構成する審査委員会が応募者の取り組み内容を審査し、2018年1月下旬に表彰企業等を公表する予定です。

厚生労働大臣が受賞企業等の表彰を行うとともに、厚生労働省のポータルサイトをはじめ各種媒体により表彰企業等の取り組みを紹介します。


■第1回では15社を表彰

第1回の表彰結果は、弊社コラム(2017年3月23日掲載記事)でもご紹介していますが、全国144の企業・職場の応募に対し、「最優秀賞」(厚生労働大臣賞)3社、「優秀賞」(職業安定局長賞)4社、「奨励賞」(職業安定局長賞)8社の計15社を表彰しました。

最優秀賞の3社は、生産性向上のための独自のインセンティブ導入、経営トップの強力なイニシアティブによる健康管理推進、良好な企業風土の醸成を意図した制度構築などが評価されています。

企業を取り巻く環境は千差万別ですが、自社の特性を踏まえ、独自の視点から生産性向上や魅力ある職場づくりに取り組んでいる事例が高く評価されたようです。


■生産性向上と魅力ある職場づくりの鍵はダイバーシティ

企業の生産性向上と魅力ある職場づくりは密接不可分な関係にありますが、それらを達成するための鍵を握るのはダイバーシティです。

世の中は、性別、年齢、人種、思想、身体特徴、家庭環境などの異なるさまざまな人たちで構成されていますが、こうした多様な人たちの力を結集しなければ大幅かつ持続的な生産性向上を図ることはできません。

また異能の人材の英知を集めるためには、多くの人たちにとって働きやすい魅力ある職場づくりが必要になります。

ダイバーシティへの取り組みには社会貢献的な意味合いも含まれますが、全社員研修ではそれにとどまらず生産性向上にも資する点への理解を促すことが大切です。

弊社eラーニング教材「人権・ダイバーシティ研修」は、時間や場所を選ばず全従業員に効率よく多様性についての理解を促すことができます。ぜひ活用をご検討ください。



第2回「働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」を実施します 本日から9月15日まで、生産性向上と雇用管理改善の両立に取り組む企業を募集
(厚生労働省 2017年7月14日)





◆EPでは、今回のコラムでご紹介した生き方・働き方の多様性についての配慮の重要性を具体的に学べる【全社員研修対応】人権・ダイバーシティ研修のeラーニング教材をご用意しています。ご検討の際は、お気軽にお問い合わせください。

<【全社員研修対応】人権・ダイバーシティ研修に関するお問い合わせ・資料請求はこちら>


========<エデュテイメントプラネットのeラーニング研修サービスのご紹介>========

…………………………………………………………………………………………
EPは、人事・研修担当者さま向けに研修実施に役立つ最新トピックや、
eラーニング研修ツールの特設ページを開設しています! …………………………………………………………………………………………

■「マタハラ防止措置」の概要を示す「特設Webページ」はこちら■
2017年1月1日より、"マタニティハラスメント"に関する企業の防止措置が義務化されました!

マタハラNet創設者、元代表理事小酒部さやか氏監修の弊社eラーニング教材で
効率的かつ効果的に防止措置を講ずることができます!

■eラーニングの導入を検討している方にオススメしたい研修内製化ツール『GRONIA LMS』■
教材制作会社ならではのシンプル&リーズナブルなLMSを開発しました!

学習管理だけでなくPowerPointなどで作られた社内資料を
そのままeラーニング教材にできるツールがあれば便利ですよね!