eラーニング研修のことならばエデュテイメントプラネットにご相談ください

03-5941-5119 受付時間(平日)10:00~17:00
お問い合わせ 資料請求
プライバシーマーク
  1. コンプライアンス研修ニュース
  2. 人権・ダイバーシティ:10月の「全国労働衛生週間」スローガン決定

人権・ダイバーシティ:10月の「全国労働衛生週間」スローガン決定

2017.7.27


◇当コラムは弊社eラーニング教材「人権・ダイバーシティ研修」に関連したテーマとなっております◇
……………………………………………………………………………………………………………………………

■スローガンは「働き方改革で見直そう みんなが輝く 健康職場」

厚生労働省は、今年で68回目を迎える「全国労働衛生週間」を10月1日(日)から7日(土)にかけて実施します。

「全国労働衛生週間」は、労働衛生に関する国民の意識を高めるとともに職場での自主的な活動を促して労働者の健康を確保することなどを目的に1950年(昭和25年)から毎年実施しているものです。

各職場で巡視、スローガン掲示、労働衛生に関する講習会・見学会開催などさまざまな取り組みを展開します。

2017年年7月10日に公表された今年度の「全国労働衛生週間」のスローガンは、一般公募457作品の中から選ばれた「働き方改革で見直そう みんなが輝く 健康職場」です。

これは働き方改革を契機に職場における健康管理や執務環境を見直し、誰もが輝くことのできる職場の実現を目指すことを表したものです。

最近では傷病の治療を受けながら仕事をする人が労働人口の3分の1人を占めるなど、治療と仕事の両立が大きな課題になっています。

メンタルヘルス不調、過重労働、化学物質を原因とする健康障害など重大な問題もあります。

こうした状況を踏まえ、2017年度は「働き方改革実行計画」(2017年3月、働き方改革実現会議決定)に基づく治療と仕事の両立支援の推進、改正労働安全衛生法によるラベル表示や安全データシート(SDS)の公布など化学物質による健康障害防止対策の徹底、ストレスチェック制度を含むメンタルヘルスや過重労働対策の推進、「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」(5~9月)を通じた熱中症予防対策の周知などが予定されています。


■職場の「みんな」を主役とする衛生推進が重要

前回2016年度のスローガンは、弊社コラム(2016年10月3日掲載記事)でご紹介した通り、「健康職場 つくる まもるは みんなが主役」でした。

2017年度も含め過去10年間のスローガンを振り返ると「みんな」という言葉が6回使われています。同様に「心(またはメンタルヘルス)」も6回用いられています。

過去の衛生推進は工場・工事現場などでの健康被害防止に注力する傾向がみられ、ホワイトカラーの職場や接客・販売業務の問題はあまり意識されていませんでした。

しかし最近注目されているメンタルヘルス、メタボリックシンドローム、禁煙などは、あらゆる立場の人たちに関連します。

こうした背景もあり、すべての職種・職場において「みんな」で衛生推進に取り組むことの重要性が強調されるようになったと考えられます。


■全社員研修では人権を踏まえた衛生推進の啓発が重要

衛生推進の根底には、健康で文化的な生活を送る権利や法の下の平等など憲法で保障された権利があります。

人権・ダイバーシティやメンタルヘルスなどの全社員研修では、こうした権利は働く人「みんな」に保障されたものであり、それを「みんな」で守り認め合うことを啓発した上で具体的な制度や手続きに対する理解を促すことが大切です。

弊社では全従業員が時間や場所を選ばす効率的に学べるeラーニング教材「人権・ダイバーシティ研修」、「メンタルヘルスケア研修」をご用意しています。ぜひ活用をご検討ください。



平成29年度 「全国労働衛生週間」を10月に実施します ~今年のスローガンは「働き方改革で見直そう みんなが輝く 健康職場」~
(厚生労働省 2017年7月10日)





◆EPでは、今回のコラムでご紹介した生き方・働き方の多様性についての配慮の重要性を具体的に学べる【全社員研修対応】人権・ダイバーシティ研修のeラーニング教材をご用意しています。ご検討の際は、お気軽にお問い合わせください。

<【全社員研修対応】人権・ダイバーシティ研修に関するお問い合わせ・資料請求はこちら>


========<エデュテイメントプラネットのeラーニング研修サービスのご紹介>========

…………………………………………………………………………………………
EPは、人事・研修担当者さま向けに研修実施に役立つ最新トピックや、
eラーニング研修ツールの特設ページを開設しています! …………………………………………………………………………………………

■「マタハラ防止措置」の概要を示す「特設Webページ」はこちら■
2017年1月1日より、"マタニティハラスメント"に関する企業の防止措置が義務化されました!

マタハラNet創設者、元代表理事小酒部さやか氏監修の弊社eラーニング教材で
効率的かつ効果的に防止措置を講ずることができます!

■eラーニングの導入を検討している方にオススメしたい研修内製化ツール『GRONIA LMS』■
教材制作会社ならではのシンプル&リーズナブルなLMSを開発しました!

学習管理だけでなくPowerPointなどで作られた社内資料を
そのままeラーニング教材にできるツールがあれば便利ですよね!