eラーニング研修のことならばエデュテイメントプラネットにご相談ください

03-5941-5119 受付時間(平日)10:00~17:00
お問い合わせ 資料請求
プライバシーマーク
  1. 人権・ダイバーシティ研修ニュース
  2. 政府、「女性活躍加速のための重点方針2017」を決定

政府、「女性活躍加速のための重点方針2017」を決定

2017.6.13


◇当コラムは弊社eラーニング教材「産育休復帰者研修」に関連したテーマとなっております◇
………………………………………………………………………………………………………………

■女性活躍加速の重点方針決定

政府は2017年6月6日、総理大臣官邸で第6回「すべての女性が輝く社会づくり本部」を開催しました。

会議では、「女性活躍加速のための重点方針2017」が決定され、女性活躍推進法の施行状況について議論が行われました。

「女性活躍加速のための重点方針2017」では、「女性活躍や生産性向上に資する働き方改革及び男性の暮らし方・意識の変革の推進」と「女性活躍情報の見える化の徹底と活用の促進」により、「各界各層、全国各地における女性活躍推進のための自発的な取組を促進し、女性活躍の好循環」を生み出していくといった視点から、来年度予算への反映などにより政府が重点的に取り組むべき施策として以下の項目を掲げています。

Ⅰ あらゆる分野における女性の活躍
・ 女性活躍に資する働き方改革の推進
・ 男性の暮らし方・意識の変革
・ あらゆる分野における女性の参画拡大・人材育成

Ⅱ 女性の活躍を支える安全・安心な暮らしの実現
・ 女性に対するあらゆる暴力の根絶
・ 女性活躍のための安全・安心への支援
・ 生涯を通じた女性の健康支援の強化

Ⅲ 女性活躍のための基盤整備
・ 子育て、介護基盤の整備
・ 女性活躍の視点に立った制度等の整備

引用:女性活躍加速のための重点方針2017(概要)
(内閣官房 すべての女性が輝く社会づくり本部 2017年6月6日決定 ※PDFファイル)


■企業に期待される「女性活躍に資する働き方改革の推進」

上記施策の中でとくに企業との結びつきが強い項目は、長時間労働の是正、非正規雇用労働者の待遇改善、テレワークの推進、ライフイベントに対応した多様で柔軟な働き方の推進、ワーク・ライフ・バランスの推進などを通じた「女性活躍に資する働き方改革の推進」です。

出産・育児負担が大きい女性の社会的な活躍を促すためには、勤務形態(時間、場所、方法)やキャリアプランの多様化を図り柔軟な働き方を推進することが不可欠です。

また、女性管理職・役員の登用、女性リーダーの育成に対する経営陣のコミットメント、婦人科健診への補助金支給など女性従業員の健康維持・増進策の強化、さらには男性の家事・育児等への参画促進も企業に期待される重要な役割です。


■研修を活用し女性が働きやすい職場づくりを

男女平等は憲法で定める法の下の平等などに基づく普遍的な理念であり、勤労に関する権利・義務も男女が等しく有するものです。

女性がそれぞれの価値観や希望に応じて十分に能力を発揮し、活躍できる環境への理解が求められています。

また女性活躍推進は労働力という重要な経営資源を効果的、効率的に活用する上でも重要な施策です。

研修を活用し、男女平等の基本理念とともに経済合理性の観点からも女性活躍推進が望ましいことに関する啓発、また女性が周囲の協力を得ながら十分に力を発揮できる体制への理解を深め、出産・育児等のライフイベントにより女性が離職するケースを減らし、キャリア形成への意欲につなげることが大切です。

弊社eラーニング教材「産育休復帰者研修」は、当事者のキャリア形成について、当事者及び管理職双方の視点から、時間や場所を問わずに効率よく学習できます。ぜひご検討ください。



すべての女性が輝く社会づくり本部(第6回)議事次第
(内閣官房 2017年6月6日)





◆EPでは、今回のコラムのテーマ、女性の活躍推進施策の一環として利用できる【当事者および管理職への個別研修対応】産育休復帰者研修のeラーニング教材をご用意しています。ご検討の際は、お気軽にお問い合わせください。

<【当事者および管理職への個別研修対応】産育休復帰者研修に関するお問い合わせ・資料請求はこちら>


========<エデュテイメントプラネットのeラーニング研修サービスのご紹介>========

…………………………………………………………………………………………
EPは、人事・研修担当者さま向けに研修実施に役立つ最新トピックや、
eラーニング研修ツールの特設ページを開設しています! …………………………………………………………………………………………

■「マタハラ防止措置」の概要を示す「特設Webページ」はこちら■
2017年1月1日より、"マタニティハラスメント"に関する企業の防止措置が義務化されました!

マタハラNet創設者、元代表理事小酒部さやか氏監修の弊社eラーニング教材で
効率的かつ効果的に防止措置を講ずることができます!

■eラーニングの導入を検討している方にオススメしたい研修内製化ツール『GRONIA LMS』■
教材制作会社ならではのシンプル&リーズナブルなLMSを開発しました!

学習管理だけでなくPowerPointなどで作られた社内資料を
そのままeラーニング教材にできるツールがあれば便利ですよね!