eラーニング研修のことならばエデュテイメントプラネットにご相談ください

03-5941-5119 受付時間(平日)10:00~17:00
お問い合わせ 資料請求
プライバシーマーク
  1. 情報セキュリティニュース
  2. 「情報通信月間」豊かな社会の実現に向けて(2)

「情報通信月間」豊かな社会の実現に向けて(2)

2017.4.10


※本記事は4回シリーズです。前回は「『情報通信月間』豊かな社会の実現に向けて(1)(2017年4月3日掲載)」 、続き「『情報通信月間』豊かな社会の実現に向けて(3)(2017年4月18日掲載)」、「『情報通信月間』豊かな社会の実現に向けて(4)(2017年4月24日掲載)」はこちらからお読みいただけます。


■「電波の日・情報通信月間」記念中央式典

前回の「『情報通信月間』豊かな社会の実現に向けて(1)(2017年4月3日掲載)」では、情報通信月間についての概要をご紹介しました。

そこでお伝えしたように、電波の日である6月1日には「『電波の日・情報通信月間』記念中央式典」が開催され、情報通信分野で功労のあった個人や団体に対し、総務大臣、情報通信月間推進協議会会長等から表彰が行われる予定です。

今回は「『電波の日・情報通信月間』記念中央式典」で行われる「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」の紹介と、「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」の土台となっている「IoTサイバーセキュリティ アクションプログラム2017」について解説します。


■サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞

今年の「電波の日・情報通信月間記念中央式典」では、「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が新設されることになっています。

「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」は「IoTサイバーセキュリティ アクションプログラム2017」に掲げられている5つのサイバーセキュリティ施策の一つで、企業・団体等サイバーセキュリティ対応の最前線である現場において、優れた功績を挙げている個人・団体を表彰するものです。

2017年2月28日までに応募・推薦があったものから、有識者で構成される選考委員会が審議を行い、総務省が最大で3者を選定する予定となっています。


■IoTサイバーセキュリティ アクションプログラム2017

「IoTサイバーセキュリティ アクションプログラム2017」は、IoT時代を意識したサイバーセキュリティに関する総務省の2017年の取り組みです。

このアクションプログラムは、(1)サイバーセキュリティタスクフォースの開催、(2)IoT機器セキュリティ対策の実施、(3)セキュリティ人材育成のスピードアップ、(4)総務大臣表彰制度の創設、(5)国際連携の推進の5つから構成されています。

これらの施策では、包括的な政策推進の実施や必要な施策の検討、抜本的なIoT機器セキュリティ対策の確立、セキュリティ人材の発掘・育成、優れた功績を挙げている個人・団体の表彰、関係各国との連携体制の強化が図られます。


■2020年に向けて

企業へのサイバー攻撃は複雑化・巧妙化しており、情報セキュリティの確保は重要課題となっています。

「IoTサイバーセキュリティ アクションプログラム2017」の概要には、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催についても触れられ、サイバーセキュリティ対策の早急な確立が重要としています。

東京をはじめ日本のサイバーセキュリティ施策に対する注目が、これまで以上に国内外から高まることが予想され、総務省は「関係府省・団体・企業等との緊密な連携」していくことを掲げています。

企業における情報セキュリティの確保は一朝一夕にできるものではありません。日頃から全社員が情報セキュリティに対する意識を高め、日々の業務を着実に行っていくことが大切になります。

今回のような国の重点施策をふまえ、情報セキュリティのルールや原則を分かりやすく全社員に伝えることが求められます。

2020年も視野にいれ、今年度の「情報通信月間」の機会に情報セキュリティ全社員研修を検討してみてはいかがでしょうか。



「情報通信月間」
(情報通信月間推進協議会)



◆EPでは、情報セキュリティの必要性と重要性を具体的に学べる【全社員研修対応】情報セキュリティ研修のeラーニング教材をご用意しています。研修ご担当者様ご自身でのカスタマイズも可能です。ご検討の際は、お気軽にお問い合わせください。

情報セキュリティ研修に関するお問い合わせ・資料請求はこちら


========<エデュテイメントプラネットのeラーニング研修サービスのご紹介>========

…………………………………………………………………………………………
EPは、人事・研修担当者さま向けに研修実施に役立つ最新トピックや、
eラーニング研修ツールの特設ページを開設しています! …………………………………………………………………………………………

■「マタハラ防止措置」の概要を示す「特設Webページ」はこちら■
2017年1月1日より、"マタニティハラスメント"に関する企業の防止措置が義務化されました!

■eラーニングの導入を検討している方にオススメしたいツールはこちら■

学習管理だけでなくPowerPointなどで作られた社内資料を
そのままeラーニング教材にできるツールがあれば便利ですよね!
研修内製化ツール『GRONIA LMS』(教材制作機能 学習管理システム)