eラーニング研修のことならばエデュテイメントプラネットにご相談ください

03-5941-5119 受付時間(平日)10:00~17:00
お問い合わせ 資料請求
プライバシーマーク
  1. 人権・ダイバーシティ研修ニュース
  2. 女性活躍推進:経済産業省「なでしこ銘柄」選定

女性活躍推進:経済産業省「なでしこ銘柄」選定

2017.4.6


■2016年度「なでしこ銘柄」として47社が選定

2017年3月23日、経済産業省は2016年度の「なでしこ銘柄」および「なでしこ銘柄」に準ずる企業、「準なでしこ」を選定しました。

「なでしこ銘柄」は女性活躍推進に優れた上場企業を選定する制度で、今回で5年目を迎えています。

女性活躍推進法の施行を受け、今年度からは選定におけるスクリーニングの第一次要件として、「行動計画を策定していること(従業員数 300 人以下の企業を除く)」および、厚生労働省の「女性の活躍推進企業データベース」に「女性管理職比率を開示していること」を設定しています。

2016年度の「なでしこ銘柄」は47社、「準なでしこ」は25社が選定されました。

特に、日産自動車株式会社、東京急行電鉄株式会社、KDDI株式会社は5年連続で選定されています。

4年連続選定されたのは、カルビー株式会社、株式会社日立製作所、株式会社ブリヂストン、トッパン・フォームズ株式会社、大阪ガス株式会社、株式会社ローソンとなっています。


■多面的な研修で女性社員の育成を促進

「平成28年度『なでしこ銘柄レポート』」では、「なでしこ銘柄」選定に関する女性活躍度調査を行い、女性活躍に関する企業の課題、取り組みの現状などを紹介しています。調査は2016年10月~11月に行われ、統計対象企業は463社でした。

調査では、女性社員に対する育成の強化として、全業種の53.3%の企業が「女性社員を対象としたキャリア研修がある」と回答しており、22.9%の企業が「あえて女性社員に限定したキャリア研修を行うのではなく、全社員向けのキャリア研修の中で女性の参加が保障されている」と回答しています。

さらに、全業種の68.7%の企業が「女性のキャリア促進のための管理職へのマネジメント研修・意識啓発研修を実施している」と回答しており、2015年度の51.3%から大きく伸びています。

女性社員を育成する立場である管理職と、自身のキャリアプランを考える女性社員の、双方向の視点から研修を実施する傾向が見られます。

また、全業種の66.7%の企業が「ワーク・ライフ・バランス促進に向けた社内意識啓発がある」と回答しています。

これは2015年度の60.1%から約7ポイント伸びており、職場における仕事と家庭の両立をサポートする意識改革が進んでいることが分かります。

女性社員の管理職昇格後のフォローや、昇格を促進するための仕組みを導入し、適切に運用していく上で、当事者である女性社員および育成する上司や管理職に理解を深める教育を取り入れることは重要です。

女性社員のライフステージに応じた働き方を可能にする体制を整え、高いパフォーマンスを発揮できる職場環境を構築し、女性社員が自身のキャリアプランを思い描ける企業を実現するために、多面的かつ定期的な全社員研修を活用しましょう。



平成28年度「なでしこ銘柄」「準なでしこ」を選定しました~女性活躍推進に優れた上場企業47社を選定!!~
(経済産業省 2017年3月23日発表)



◆EPでは、今回のコラムのテーマ、女性の活躍推進施策の一環として利用できる【当事者および管理職への個別研修対応】産育休復帰者研修のeラーニング教材をご用意しています。ご検討の際は、お気軽にお問い合わせください。

<【当事者および管理職への個別研修対応】産育休復帰者研修に関するお問い合わせ・資料請求はこちら>


========<エデュテイメントプラネットのeラーニング研修サービスのご紹介>========

…………………………………………………………………………………………
EPは、人事・研修担当者さま向けに研修実施に役立つ最新トピックや、
eラーニング研修ツールの特設ページを開設しています! …………………………………………………………………………………………

■「マタハラ防止措置」の概要を示す「特設Webページ」はこちら■
2017年1月1日より、"マタニティハラスメント"に関する企業の防止措置が義務化されました!

■eラーニングの導入を検討している方にオススメしたいツールはこちら■

学習管理だけでなくPowerPointなどで作られた社内資料を
そのままeラーニング教材にできるツールがあれば便利ですよね!
研修内製化ツール『GRONIA LMS』(教材制作機能 学習管理システム)