eラーニング研修のことならばエデュテイメントプラネットにご相談ください

03-5941-5119 受付時間(平日)10:00~17:00
お問い合わせ 資料請求
プライバシーマーク
  1. セクハラ防止研修

セクハラ防止研修

エデュテイメントプラネットのセクハラ防止研修の特長

  • 特長その1:クイズ形式でイラストを多用したわかりやすい解説
  • 特長その2:貴社の事例をふまえたカスタマイズが可能
  • 特長その3:既存のユニットを自由に組みあわせれる

「自分の会社でセクハラなんてありえない」

しかし、労働局雇用均等室に寄せられる男女雇用機会均等法に関する相談の約半数が、職場におけるセクシュアルハラスメントの相談となっており、予想以上に多いのが現状です。
価値観の多様化が進み、職場にはさまざまな年齢の男性や女性が働いています。
自分では「これはセクハラではない」と思った言動でも、実は相手にとっては「性的な嫌がらせ」と捉えられることもあります。

eラーニングで学ぶセクハラ防止

エデュテイメントプラネットのセクハラ防止eラーニング研修で学習することにより、職場においての「セクハラとは何か?」「セクハラを受けないためのポイント」など共通認識を持つことができます。

HOP「Q&Aで学ぶ 働きやすい職場づくり」セクハラ防止編
  • 【内容】
  • ・思い込みチェック セクハラ編
  • ・セクハラの定義
  • ・ハラスメント問題の損失・解決までのプロセス
  • ・セクハラをしないためのポイント
  • ・セクハラを受けないためのポイント  等
お問い合わせはこちらから

カスタマイズ事例

エデュテイメントプラネットのeラーニング研修は貴社の事例にあわせたカスタマイズが可能!

■カスタマイズ例

  • 貴社の役職に変更できます!
    例)課長⇒マネージャー
  • 貴社の事例にあわせたケースに変更できます!
  • 貴社の方針など従業員に伝えたい内容を掲載できます!
  • ユニットを自由に組み合わせることが可能です!

HOP基礎A受講の企業様は無料でアルハラ防止編を追加できます!

飲酒の場でのハラスメント(アルハラ)

職場で、新年会や忘年会、花見、暑気払いなどでお酒を飲む機会がある企業の方にお勧めのオプション教材です。
アルハラ防止の「飲酒の場でのハラスメント」を無料で追加できます。(※ HOP基礎Aご受講の企業様)

セクハラなどのハラスメントはお酒を飲む場面で行われることもあります。
エデュテイメントプラネットのアルハラ防止のeラーニングで学習することにより、職場においての「アルハラとは何か?」の共通認識を持つことができます。

HOPご受講の企業様は無料でマタハラ防止編を追加できます!

マタニティハラスメント(マタハラ)

妊娠・出産、育児休業等を「契機として」なされた不利益な取り扱いは男女雇用機会均等法、育児・介護休業法で禁止されています。
このような不利益な取り扱いや従業員同士の嫌がらせは「マタハラ」と呼ばれ、厚生労働省では是正指導や勧告に従わない悪質企業の企業名公表など指導を徹底する方針です。

このように、マタハラは企業が取り組むべき大きな職場の課題のひとつとなっています。
企業は、どのようなことが問題なのか、どう対処すればいいのかを全従業員に周知徹底することが求められています。

HOPご受講の企業様には、マタハラ防止の教材を無料で追加できます。
全社員教育のeラーニング研修で学習することにより、職場における「マタハラとは何か?」の共通認識を持つことができます。

事業主が雇用管理上講ずべき措置

職場におけるセクシュアルハラスメントを防止するために、事業主が雇用管理上講ずべき措置として、厚生労働大臣の指針により定められている10項目を、事業主は必ず実施しなければなりません。
エデュテイメントプラネットのハラスメント防止eラーニングを実施することで、すべて押さえることが可能です。
●全従業員が共通認識を持つための、周知・啓発ができます
●2014年に改正された男女機会均等法改正に対応しています

■事業主が雇用管理上講ずべき措置とは?

  • 事業主の方針の明確化及びその周知・啓発
  • 相談(苦情を含む)に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備
  • 職場におけるセクシュアルハラスメントに係る事後の迅速かつ適切な対応
  • 1から3までの措置と併せて講ずべき措置