eラーニング研修のことならばエデュテイメントプラネットにご相談ください

03-5941-5119 受付時間(平日)10:00~17:00
お問い合わせ 資料請求
プライバシーマーク
  1. eラーニング − 【大学版】(教職員向け)

eラーニング − 【大学版】(教職員向け)

セクハラ・パワハラ・アカハラなど、大学内でのトラブルが相次いで報道されています。教職員や学生を預かる大学には、職場として民間企業と同様の対策はもちろん、それ以上にトラブルを未然に防ぐための対応が求められるようになりました。

セクハラやパワハラ、職場でのいじめといったハラスメント問題を放っておくと、職場または学業環境が悪化し、直接の被害者はもちろん、同じ職場の同僚にも影響を与えます。その結果、大学は優秀な人材を失うだけでなく、問題が明るみに出た場合にはイメージダウンになり、受験者数の減少、学生の就職や研究者の採用への悪影響など多大な損失を被ることになります。

こうしたハラスメント問題による損失を避けるためには、事前の予防がとても重要です。ハラスメントが起こる大きな原因の一つに、ハラスメントに関する知識不足、教職員間での認識の違いがあります。この知識不足、認識の違いを補うためには、教職員向けに一律の研修を実施することがとても有効なのです。

こちらでは、企業の全社員教育用として開発されたハラスメント防止研修「HOP」Q&Aで学ぶ 働きやすい職場づくりを教材構成はそのままに、ケース解説を大学向けにカスタマイズした大学版をご紹介します。

Q&Aで学ぶ 働きやすい職場づくり 【大学版】

教職員向けにカスタマイズしたハラスメント防止研修「HOP」は大学ならではのケースに対応

  • 教授から実験データの改ざんを行うよう命令された。断ったところ、研究会の出欠など重要な連絡をしてもらえないようになった
  • 「このままでは博士号を与えられない」とほのめかされ、雑用ばかりを集中的にやらされている
  • 研究費や学会への参加費の申請書を提出しても受理されず、教授一人が全予算を使っている
学習内容を対象者によって変えることが可能
5分前後の短いユニットの組み合わせで、一般職員・管理職職員といった対象ごとに適した内容を実施できます。
校内の相談窓口の周知も同時に行えます
追加料金不要で相談窓口やハラスメント防止方針を教材に組み込むことができます。

このような大学にお勧めします

  • 事件が起こる前に対策をしたいけれど、教職員向けの研修は何をどこまでやればいいのかわからない
  • ハラスメント防止とメンタルヘルス、両方の研修をやりたいけれど、長時間の研修実施は難しい
  • 教職員向けに行うなら、本学の規程も盛り込んだ独自の教材にしたいが、予算が限られている

eラーニング − 【独立行政法人版】

■独立行政法人版のeラーニングもございます

独立行政法人のお客様のご要望にお応えし、企業版をカスタマイズしたハラスメント防止研修「HOP」Q&Aで学ぶ 働きやすい職場づくり【独立行政法人版】もございます。詳しくはお問い合わせください。

Q&Aで学ぶ 働きやすい職場づくり 【独立行政法人版】